いびきってどうやって治すの?

いびきがひどいときは何科を受診すべき?

>

病院に行く時は何科を受診したらいい?

原因別に科を選ぼう

慢性的にいびきをかいていたり、いびきの原因が分からない人、また、睡眠時無呼吸症候群の疑いがある人は、耳鼻咽喉科にいきましょう。
慢性的にいびきをかいてしまう人は、アレルギー性鼻炎など、ずっと呼吸がしづらい状態にあるということです。
そのため、耳鼻咽喉科を受診して、原因を取り除いて呼吸をしやすくする必要があります。
肥満が原因でいびきをかいてしまう人は、内科を受診しましょう。
病院によっては、肥満外来があるところもあるので探してみるといいかもしれませんね。
また、あごが小さいことが原因でいびきをかいてしまう人は、歯科医や口腔外科を受診しましょう。
歯列矯正などをすることで、口の中の空間が広がり、呼吸をしやすくします。

治療法はどんなものがあるの?

まず、マウスピースがあげられます。
マウスピースとは、歯科器具装置のことで、歯列矯正に使います。
あごの大きさなどが原因でいびきをかいてしまう人は、これをはめることで、口の中の空間を広げて呼吸をしやすくします。
次に、鼻マスクがあげられます。
これは睡眠時無呼吸症候群の治療に使われるものです。
空気ポンプによって鼻から気道に空気を送り込み、気道がふさがってしまうのを防ぎます。
最後の方法としては、手術があげられます。
扁桃やのどちんこが大きくなってしまっている人や、上気道が生まれつき狭い人にとって、生活習慣を改善することは意味がありません。
そのため、手術をして気道に空気を通りやすくするという手段もあります。


TOPへ戻る