いびきってどうやって治すの?

いびきがひどいときは何科を受診すべき?

そもそも、いびきってなに?

いびきがを改善しようと思ったら、まずは「自分はなぜいびきをかいてしまうのか?」という原因を突き止めなければなりません。 いびきをかいてしまう原因と一言でいっても、いろいろあるのです。 自分はどの原因に当てはまるか、ぜひチェックしてみてください。

いびきを防ぐにはどうしたらいい?

いびきの原因が分かったら、今度は改善する番ですよね。 ここでは、病院に行かなくても実践できる、簡単ないびき防止策を紹介します。 病院に行くのは気が引ける人は、まずはここで紹介しているいくつかの方法を実行してみて、いびきをかくのを止められるか試してみましょう。

病院に行く時は何科を受診したらいい?

病院に行かなくても簡単にできる方法は全て試したけれど全然改善しない!という人は困ってしまいますよね。 そういう人は、病院に行くことを考えると思いますが、いびきはどこの病院に行けばよいのでしょう? いびき外来がある病院もありますが、ない場合にはいびきの原因によって行く科を変えなければなりません。

いびきの原因は?

「いびき」と聞いて、聞いたことない言葉と思う人は少ないと思いますが、いびきについて詳しく説明してと言われたら困る人は多いのではないでしょうか?

他人がいびきをかいているのを聞いて「うるさいな」とか「迷惑だな」と思っている人もいるかもしれませんが、実はいびきは身体が発する危険信号なのです。
はたから見るといびきをかいて寝ている人はよく寝ているように見えますよね。
しかし、いびきは熟睡しているわけではないのです。
気道が圧迫され空気の通りが悪くなり、いびきが発生してしまうのです。
つまり、呼吸が抑制されてしまうので眠りが浅く、必然的に睡眠不足になっているのです。
ですから、毎晩いびきをかいている人や呼吸が止まってしまうことがよくある人は注意をする必要があります。
寝ている間に呼吸が止まってしまうということが、実は危険な症状だということは知っていましたか?
これは「睡眠時無呼吸症候群」といって、睡眠中に呼吸が止まるという状態が一度ではなく繰り返されるといった症状です。
自分は寝ているので気付きにくいですが、これは放っておくと命の危険につながるのです。
ですから、身近に寝ている時の様子を見てくれる人がいれば、チェックしてもらうといいかもしれません。

普通の人は眠っている時に呼吸が止まることはありません。
また、眠っている間に頻繁に呼吸が止まるということは、酸素不足にもつながり、睡眠不足になってしまいます。
いびきのあとに呼吸が止まるようなことがあれば、睡眠時無呼吸症候群ではないかと疑い、早めに病院に行くようにしましょう。

おすすめリンク

TOPへ戻る